M&Aは「目的」じゃない

生命保険・損害保険のことなら 株式会社ぶらんけっと

雇用に関する手続き・給与計算 ぶらんけっと社会保険労務士事務所

会社設立・営業許可・相続&遺言 ぶらんけっと行政書士事務所

顧問税理士をお探しの方は  札幌大通税理士紹介センター

M&A(エムアンドエー、Mergers《合併》and Acquisitions《買収》)が

かなり普及して来て、M&A専業の仲介業者がたくさん出来ました。

私も企業を回っていると、社長さんから

「〇〇銀行がM&Aの会社を連れて来た」

というような声を聞き、金融機関が主導でM&Aを推進している

風潮も見られます。

しかし、ちょっと「待てよ!(キムタク風)」と言いたい、

なんだか皆さん、M&Aが「目的」になっていませんか?

M&Aの「目的」は何ですか?

M&Aはあくまでも手段です。

大切なのは、事業を存続し、雇用を継続すること。

親族内承継、これはと思う後継者を育てる、外部から後継者候補

を雇い入れる又は委託するなどなど、事業を承継していく手段は

幾多もあり、M&Aはその選択肢の一つでしかありません。

M&Aはゴールではなく、スタートであることを忘れてはいけません。

それなのに、M&Aをすることに労力を使い果たし、残った従業員

は不満ばかりで離職者続出、前経営者は

「本当に良かったのだろうか・・・」と自問自答を繰り返す日々。

それでは、何のため誰のためのM&Aだったのか、

一人勝ちしたのは高い手数料を受け取った仲介会社

(それと、紹介料をもらった銀行)という構図。

何もM&Aを否定している訳ではありません。

後継者のいない会社にとってM&Aは事業継続のためのとても

有効な手段です。

買う側にとっても、事業を拡大して行くために大きなパンチ力が

ある方法であり、従業員さんの雇用が守られれば、働いていた

方々にとってもその会社が経営者の高齢化と共に尻すぼみに

なってしまうよりずっと幸せです。

しかし、世の中を見てみると、

経営者にとっては、M&Aは事業承継のための選択肢の一つで

しかなく、事業を継続するための「手段」かつ「スタート」のはずが、

専門の仲介業者にとっては「目的」であり「ゴール」。

仲介業者はM&Aを成立させることが仕事なので、何が何でも

M&Aへと持って行きます。

企業に向き合う姿勢がそもそも違うんですね。

ご自身の企業をお売りになる場合、「本当にそれで良いのか」は、

「貴社が売れることで得をする人たち」の意見に惑わされずに、

しっかりとお考えになってから前に進みましょう。

私は一般社団法人北海道M&A協会の理事を務めており、

ここでは、北海道の企業に対してM&Aの普及と幸せなM&Aの

推進を計っています。専門業者への取次も行っておりますので、

もし、「本当にM&Aが良いのか」という所からご相談に乗ります

ので、事業存続のために外部の力を必要としている経営者の

方は、お気軽にご相談をください。

生命保険・損害保険のことなら 株式会社ぶらんけっと

雇用に関する手続き・給与計算 ぶらんけっと社会保険労務士事務所

建設業・風営法・相続・遺言作成 ぶらんけっと行政書士事務所

顧問税理士をお探しの方は  札幌大通税理士紹介センター