先進医療特約も「終身」で

ほとんどの方が、医療保険やがん保険の特約として「先進医療特約」を付帯します。
月々100円程度の掛け金で、厚生労働省が定める先進医療の技術料が保障されているというものです。
保険会社によっては、技術料だけではなく、交通費や宿泊費も受け取れる場合があります。

この先進医療特約、ひとつ気を付ける点があります。

それは、保険会社によって先進医療特約の期間が「終身」の場合と「10年間」の場合があるということです。

医療保険の「終身」で加入して一生涯の保障なのに、先進医療だけが「10年間」ですと10年ごとに保険料が上がり、先進医療の普及度合いによってはその上昇率がかなり高くなる可能性もあります。

先進医療特約が「10年間」の主な保険会社は、
アフラック、メットライフ、ソニー生命、東京海上日動あんしん生命、ジブラルタ生命など。

医療保険にご加入の方は保険証券や設計書を確認してください。
先進医療特約の保険期間が「終身」になっていればホッとして、
先進医療特約の保険期間が「10年間」になっていた場合は、一度ご相談いただくと良いですよ。