家計保障定期保険(あんしん生命)

東京海上日動あんしん生命「家計保障定期保険」を

ご紹介します。

働けなくなった時の保障を考える保険が増えてきていますが

この保険もその一つです。

この保険の働けなくなった時とは

①5大疾病で入院した時

②病気やケガで、所定の要介護状態が180日を超えて継続する

③死亡または所定の高度障害状態となる

以上の状態と定められています。

入院や介護の時は、就業不能で収入が減るのはもちろん

初期費用として車椅子や、場合によっては階段昇降機など

普段の生活の一部を変えなければいけないため、

費用がかなりかかることが予想されます。

現実問題として

死亡した場合より、就業不能状態になった時の方が

家計の支出が大きくなるという問題があります。

万が一の死亡だけではなく、収入が無くなった時に

家族の問題として考えておくべきことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です