将来暮らしていくのに、どのくらい必要なのかpart1

将来に漠然とした不安があるけど、どのくらいお金が必要で

どうすれば良いか分からない・・・という方も多いと思います。

ちなみに私も不安を抱えています。

保険商品の中には、外貨建ての商品があり、

資産運用と保障を兼ねることが出来るものがあります。

今の低金利では銀行で預けていても、年に一回や二回程度の

時間外手数料で、利息が飛んでしまうことも多いのではないでしょうか。

今回は将来どのくらいのお金が必要なのか一緒に考えてみたいと思います。
まず日本には公的年金制度があるのはご存じかと思います。

 

平均年収と加入年数によって変動しますが

日本のサラリーマン平均年収は415万円なので、400万円だと仮定します。

支給開始は現在65歳以降になっています。

加入年数は30年で10.5万円、40年で14.1万円です。

(参考:年収600万円、30年で13.4万円、40年で16.0万円)

 

この数字をどう捉えれば良いでしょうか。

総務省が出しているデータでは、高齢単身者の支出平均は15~16万円

なっています。ただこれは生活していけるレベルということです。

持ち家が有り、食費や娯楽費を抑えた最低限の生活という条件

付きなわけです。

将来の支給開始年齢が更に上がったり、税負担が上がったりなどしても

金額が変わりません。また退職したのに旅行や余暇を過ごすお金が無い

というのは問題なので、20万円は最低でも確保したいところですね・・・

 

そうすると、40年加入しても、約6万円不足するわけです。(月額)

 

60歳で退職した場合、65歳までの空白の5年間を埋めるとすると

20万円×12か月×5年=1,200万円

65歳からは、年金不足分を80歳まで埋めるとして、

6万円×12か月×15年=1,080万円

 

合わせて2,280万円も必要になってしまいます。

 

じゃあ今から貯めれば良いじゃないか・・・と思ったところで計算してみましょう。

仮に35歳で奮い立って、退職までの間に貯めるとすると・・・

2,280万円÷25年=91.2万円 一か月あたり7.6万円になります。

 

この額を毎月退職まで続けられるのでしょうか。

この間には住宅や車のローン・養育費・医療費などなど

様々なことがあります。それ以外に7.6万円というのは、

かなり厳しいのではないでしょうか。

 

ちなみに月額20万円以上の年金を受け取るには、

加入年数40年程度は必要で、かつ年収は800万円程度で可能になります。

そう考えると、日本の一般的な勤労者の方々は、

将来に不安を覚えるのは当然ですよね。

 

不安なことばかりですが、自分でどうしていくか、現実的に考えてみましょう。

 

少し長くなったので、次回に資産形成に対する一つの提案として

生命保険の活用を載せてみたいと思います。(続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です