保険料と免除特約(医療保険)

多くの保険会社の医療保険(終身型)には、「保険料免除特約」という特約が付加出来ます。

これは、保険料の払込期間中に、がん・急性心筋梗塞・脳卒中など約款に定められた病気で所定の状態になると、その後の保険料の支払いが不要となり、保障だけが継続されるというものです。

一般的な保険料免除事由としては、

・がん→治療を目的として入院を開始したとき

・急性心筋梗塞→労働の制限が必要な状態が60日以上継続したとき

・脳卒中→言語障害など多角的な神経学的後遺症が継続したとき

以上3つが挙げられます。

いずれの病気も、命に関わる病気であり、治癒後も後遺症が残るなどその後の保険料支払いが困難になる可能性が高く、

「医療保険は必要だけど保険料が払えない」

という事態が想定されます。

そうならないために、

医療保険の保険料免除特約は、是非医療保険の加入をされるときに付加を検討しましょう。

保険料免除特約がある医療保険の例です。

オリックス生命の医療保険「新CURE」

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「新健康のお守り」

オリックス生命の引受基準緩和型医療保険「新CURE Support」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です