がんの保障は「がん保険」だけではない

いまや日本人の二人に一人がかかると言われている病気「がん」。

治療に高額の費用を要することから、がん保険に加入して備える方は多いと思います。

が、

がんの保障=がん保険

だけではない、ということを書きます。

がんの他にも、かかると厄介な病気はたくさんあります。

糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などなど。

もしがん保険に入った方が、これらの病気の備えもしようと思うと、

がん保険+医療保険

という保険の加入になります。

それも悪くないのですが、保障が重なる部分が出てくるため、その分保険料が割高になります。

例えば、医療保険にがんの特約(診断給付金、放射線治療給付金など)が付けば、スッキリと一つの保険でがんとそれ以外の病気の備えをすることが出来ます。

がんの特約がつけられる医療保険は多くの保険会社から発売されています。

オリックス生命の医療保険「新CURE」もそのうちの一つ。

がん保険に加入する前に、選択肢の一つとしてご検討されると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です