ニーズ株式会社(札幌市北区)

ニーズ株式会社

 

会社情報

会社名   ニーズ株式会社

代表者名  上村琢矢

住所    札幌市北区新琴似1条7丁目5-1

電話番号  011-802-9786 

HP    http://neeth.biz/

 

上村琢矢社長にインタビューしました。

 

Q社名の「ニーズ」の由来は何ですか?

ノース(北海道)・ニーズ(需要)・ウィズ(一緒に)を総称してニーズ株式会社と言います。

「共に北海道の地域で活躍できる仕事づくりをしよう」という意味が込められています。

北海道の地域資源を活用して活性化を図り、地域へ貢献できればと思っています。

 

Q北海道資源の活用とは、具体的にどういったことをされるのですか?

北海道は、一次産業である農業・漁業が盛んであることはよく知られています。

ただ、地方の方へ行くと、まだ知られていない素晴らしい商材が眠っていることが多いのです。

我々が「SNOW JEWELS」(北の宝石)と呼んでいる野菜がそれに当たります。

野菜を原石に見立てて、それを磨き上げた結果、宝石になるという意味です。

生産者と共に一から作り上げ、販路開拓をします。

どうしたらその価値を消費者に伝えられるか、地元の大学生インターン生などと共に首都圏のマーケティング調査などを行い、若者の視点も取り入れながら試行錯誤し、既成概念に囚われず老若男女に受け入れてもらえるような商品開発をしています。

 

Qご苦労されたエピソードを教えてください。

生産者とパートナーシップを組む上で、信頼を得ることが一番苦労しました。

いきなり未開拓の地で商談を持ちかけても、地元の方には胡散臭く思われることが多かったです。

社名の由来でもある「ウィズ(一緒に)」を理解していただくことで、生産者には一生懸命野菜を作ってもらい、我々は一生懸命売る、生産と販路開拓の協業・役割分担という、それぞれのビジョンを共有できたことが成功に繋がりました。

 

Q野菜の販売以外にはどのようなことをされていますか?

収穫体験を兼ねた農泊を行っています。

気候・風土を感じながら収穫体験をし、地元の方と交流し、美味しいお料理・お酒を飲み、宿泊するという体験を通じて、コミュニティづくりを行うことが目的です。

道外からの家族連れやカップルに大人気で、普段で味わうことができない世界に触れ、リフレッシュできるので、大変ご好評いただいております。 今後は、1週間の移住体験の様な企画も行いたいと思っています。

また、本社にある伊達市のトマトの圃場では、農家の担い手、後継者育成を目的に「引きこもりの方の自立支援」を実際に行っています。

野菜の繁忙期である夏はめいっぱい働き、冬は全て休日です。

冬は好きに過ごしてOK!夏だけ頑張ろう!というシステムです。

実際に参加された方が、最終的には見違えるほど生き生きと成長していました。

土に触れ、太陽を浴びる、それだけの事に感じますが、自然環境にいることで心の癒しに繋がる、この仕事を通じて、野菜だけではなくヒトも自然とどう関わるべきか、を考えさせられます。「職を通じて」我々が次世代の子供たち(100年後の未来)にも安心して食を楽しめる環境づくりをしていくことが重要だと考えています。

2017年の農泊体験「Hokkaido BBQ」

https://www.youtube.com/watch?v=zL3Dwq1VEak

 

Q今後はどのような事業展開を予定していますか?

より食に密接した事業をいくつか立ち上げたいと思っています。

健康と食は密接な関係にあり、体の為にも安全・安心の野菜を摂ることは必要不可欠です。

その中でも「美味しい」と感じていただく為に、どこで誰と食べてもらいたいか、食のシーンすなわちライフスタイルの提案を、今まで以上に行えるような会社にしたいと思っています。

生産者の熱い心、こだわり、様々な思いが生んだ野菜は、消費者が食べてみたいと一目置かれるような商品ですし、この野菜を食べることで産地の魅力に触れ、「食・自然」の大切さ・関わり方について考えることができる宝石であり媒体です。

夏に獲れるコーンはその代表例で、「こんなコーンは生まれて初めて食べた!」と、口コミで3万本も売れ、「家族で北海道に行き、農場へ遊びに行かせてもらえないか?」と、電話で問い合わせが来るほどです。

 

Qそのような熱い心を持った生産者とは、どこで知り合われるのですか?

生産者ネットワークがあり、そこからご紹介いただくことが多いです。

また、会長が非常勤講師をしている東京農大の教え子やネットワークだったり、様々な地方行政とともに地域商社として地域創生事業に関わらせていただいてるご縁で、生産者から行政に問い合わせが来ると、当社を紹介して頂けたりと、様々なパターンがあります。

 

Q今後の最終的な目標を教えてください。

北海道のものを単に道外に流通するだけではなく、実際に道外・海外から足を踏み入れていただけるようになるのが目標です。

継続的に遊びに来れるようなプラットホームを作ったり、北海道が第二の故郷と言っていただけるように頑張りたいと思います。

 

 

札幌駅&大通駅徒歩5分、行政書士事務所併設、
確かな知識と真摯な対応がモットーの保険代理店

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム

 

↓こちらも見てね↓

ぶらんけっとスタッフブログ

札幌生命保険相談室
札幌税理士ナビ

札幌の街を食べ尽くせ!
(株)ぶらんけっとのゆかいな仲間たち

ぶらんけっと行政書士事務所ブログ

 

経営者のスタートダッシュからバトンタッチ

までを応援する

ぶらんけっと行政書士事務所
TEL 011-522-7632

阿部竜司法律事務所(札幌市中央区)

阿部竜司法律事務所(札幌市中央区)

 

事務所データ

・事務所名    阿部竜司法律事務所

・弁護士      阿部 竜司

・住所      札幌市中央区南2条西10丁目1000-20 

         ダイメックス札幌南2条ビル4階

・電話番号    011-252-7957

・ホームページ   http://www.ralo.jp

 

弁護士の阿部先生にインタビューしました。

 

Qご経歴を教えてください。

札幌旭丘高等学校から明治大学法学部を卒業し、平成22年に司法試験に合格しました。

弁護士登録後は先輩が経営する弁護士事務所に約5年間勤務しました。

その事務所では、各弁護士が独立採算で業務を行っており、所属弁護士が独立を意識した活動をすることについても特に制限がないどころか、むしろご相談にものっていただけるなど,独立願望のあった私にとって願ってもない環境でした。

弁護士登録3年目に入った頃から徐々に自身の仕事が軌道に乗り始め、平成28年10月に独立開業しました。

 

Qどうして弁護士になろうと思われたのですか?

進路を考え始めた中学3年生頃、仕事に就けるかどうかが他人の判断に委ねられている一般的な就職ではなく、自分の努力次第で勝ち取れる、そんな職業に就きたいと思い立ちました。

それに加えて、どうせなら難関資格を目指したいと思ったことや、法律関係に興味があったことから、法律分野の最高峰である弁護士を目指そうと決めました。

 

Q実際に弁護士の仕事をされてみていかがですか?

まさに天職です(キッパリ!)。思い込みですが(笑)。

やりがいや達成感はもちろんのこと、常に創意工夫しながら問題解決を実現していくという過程に非常に面白みを感じています。

 

Q開業してから、どのようにしてお客様を増やしていかれたのですか?

元々開業前から様々な方とのつながりを増やしたいと思っていろいろと活動していたら、自然と、知人や損害保険の代理店さん等からのご紹介だけで経営を維持できるようになりました。

昔のお客様から別件でご相談いただくこともあり、人と人との繋がりでここまで事務所を成長させることができたと思います。

 

Q得意な分野はありますか?

個人のお客様の場合は、交通事故の被害者の方が多いです。

以前勤務していた事務所が力を入れていた分野だったので、自然と経験値が高くなり、私の強みでもあります。

また、最近では相続関係の相談も増えてきています。

他士業とのネットワークが広がっていて、そこからご紹介を受けることが多いです。

紛争になりそうな方・紛争中の方からの相談がほとんどなので、家族信託契約等の事前対策の重要性を広く知っていただけたらと思っています。

元気なうちに、財産の処分や余生の過ごし方をしっかりと計画することをオススメします。

 

Q他にも得な分野や、今後力を入れていきたいことはありますか?

企業の顧問弁護士としての活動には力を入れていて、契約関係や取引関係のバックアップはもちろんのこと、従業員の労務問題で悩んでいる経営者からの相談に乗るなど、企業で起こる様々問題の解決にあたっています。お客様とのトラブルの相談などもあり、企業によって問題や悩みも様々です。

また、ちょうど今動き出しているのが能力開発研修です。

具体的には、企業が従業員を育てることを支援する研修です。

「7つの習慣」という著名な書籍で紹介されているフレームワークを基に行う研修講師のライセンスを取得しており、人の心理・行動傾向に関連した人材育成研修が出来ます。

人と人の間でトラブルや摩擦を起こさないための事前対応としての人材育成研修と、トラブルが起こってしまった場合の(法的知識を駆使した)問題解決という二つの要素を絡めるという、弁護士である自分だからこそできるオリジナリティ溢れた研修をご提供していく予定です。

 

 

Q阿部先生の名刺には「Win-Winクリエイター」という肩書きを入れています。これはどういった思いを込めてのものですか。

ビジネスでもプライベートでも、人と人との関係性は「Win-Win」が間違いなく理想だという確信があり、「Win-Win」は私の人生理念でもあります。また、弁護士としても、「Win-Win」という結果こそが、依頼を受けているクライアントの最大利益につながるという確信を持っています。

実は、私は弁護士でありながら、裁判が嫌いなんです。

どうしても問題解決のために裁判提起がやむを得ない場合も、できる限り、判決ではなく和解での解決を目指して進めることが多いです。

判決はいわば上から一方的に言い渡されるもので、どちらかに不満が残ってしまい、禍根を残すことになります。これに対して、和解の場合、お互いが納得した上での合意ですので、そのようなことはほとんどありません。また、現実的にも、納得できない判決で言い渡された命令には従わない(=問題が解決しない)というケースが一定数存在するのに比べて、和解で決まった内容を反故にするというケースは少ないです。これは、自分で納得して和解しているので、その結果を受け入れようという気持ちになりやすいからです。

だから、単純にクライアントの目的を達成するという観点からも、実は和解解決が最も効果的ということは少なくないんですよ。

 

Q大変エネルギッシュな阿部先生ですが、今後更にどのような取組みを考えていますか。

自らの人生のミッションである「争い事の無い世の中の実現」に向けて、「7つの習慣」の普及など、従来の弁護士業務の枠を超えた様々な活動にも取り組んでいきたいと思っています。

いずれは海外進出も視野に入れながら、自分一人では出来ない部分も、周囲とのパートナーシップを組んで達成していきたいと思っています。

 

Q趣味は何ですか?

野球が好きで、雪のない時期には週に一度は弁護士会のチームで練習をしています。

年に一度行われる弁護士会の全国大会では、地域貢献として、東京ドームや広島のマツダスタジアムなど、実際にプロ野球の試合が行われる球場で試合をするんですよ。

 

Q最後に、北海道の経営者に向けてメッセージをお願いします。

社員、顧客、取引先など双方とWin-Winの関係を築きたい経営者の方とぜひ関わりを持ちたいです。

人材育成や交渉事に私を上手く使っていただき、企業の発展に貢献させていただければ嬉しいです。

 

左:阿部竜司先生

 

インタビューを終えて・・・

エネルギッシュで熱い心をお持ちの阿部先生。

弁護士という職業に懸ける情熱はとても深いものがあります。

人生理念である「Win-Win」がクライアントの最大利益に繋がっていく。

「争い事の無い世の中の実現」に向けて、弁護士業務の枠を超えた活動に大注目です。

ぜひ阿部竜司法律事務所へアクセスしてみてください!

 

 

札幌駅&大通駅徒歩5分、行政書士事務所併設、

確かな知識と真摯な対応がモットーの保険代理店

株式会社ぶらんけっと
TEL 011-522-7618

お問い合わせフォーム

↓こちらも見てね↓

ぶらんけっとスタッフブログ

札幌生命保険相談室
札幌税理士ナビ

札幌の街を食べ尽くせ!
(株)ぶらんけっとのゆかいな仲間たち

ぶらんけっと行政書士事務所ブログ

 

経営者のスタートダッシュからバトンタッチ

までを応援する

ぶらんけっと行政書士事務所

TEL 011-522-7632

北海道に密着した税理士紹介所

札幌大通税理士紹介センター

TEL 011-522-7678